OCHI YUMI * DIARY

バンキシャ! 『水上バイク』報道について

土曜日に親友のucoさんファミリーと、いつもお世話になっているMGマリーンさんにジェットスキー&BBQに
行きました♪
ちょうどその日は、日テレの報道番組『バンキシャ!』の取材で、MGマリーンの斉藤社長はじめスタッフの方々やメンバーの皆さんが、一生懸命 水上バイクの取材に協力していらっしゃいました。
d0090745_178441.jpg


そして、昨日のバンキシャ!では、その時の収録が放映されるということで、
私たち海仲間は、各自楽しみに18:00からテレビを観ていました。

ですが。。。
報道された水上バイクの特集の内容は、私たち海を愛する仲間にとって、とても残念な内容でした(涙)
先日、香川県で無免許の水上バイクがレジャー中の親子をはねた人身事故があり、その事故を取り上げ
水上バイクの実情や安全性などをテーマにした特集だったのですが・・・
その特集内容は、MGマリーンさんで撮影していた水上バイクの走行の検証実験や、マリンスポーツのプロとしての斉藤社長の水上バイクの安全なアドバイスなどのシーンはほんの数秒。
そのほかは、琵琶湖で最近問題になっている迷惑な水上バイクライダーを大きく取り上げた過激なシーンがほとんどでした・・・(T_T)

私もTV朝日やTBSなど(日テレとは他局ですが)今までいくつかTVには出演させていただいたことが
あるので、TV放映の怖さを少しは知っているつもりです、、、
TVは雑誌と違って、取材を受けても「こんな主旨での放映です」と方向性を事前に知らされないので、
当日放映されてみないと、どんな主旨になってしまっているか?が分からないので、コワイところです(涙)
MGマリーンの斉藤社長さんも、それをとても心配されていました。。。


水上バイクは、確かに年間数十件の事故があるのは事実ですが、
バンキシャ!での特集は、琵琶湖での暴走シーンや、水上バイクをエサに女性をナンパするシーン、そして
ライダーが警戒船を挑発するシーンばかり時間をかけて報道していました。
まるで『水上バイクはキケンな乗り物で、乗っている連中は低俗な人間ばかりで、社会の敵!
排除すべき。』と言わんばかりの、間違った世論をあおるような報道でした、、、(涙)

水上バイクのライダーが皆、報道されたようなそんなバカげた人間ではないのです。

私も海が大好きで、クルーザーや水上バイクを趣味としているたくさんの海仲間がいます。
(父も海とお船が大好きで、私が小学生の頃からクルーザーに乗せられていたものです)
ですが私たちの周りのライダーやSea Man達は、バンキシャ!で取り上げられていたような無謀で低俗なジェットライダーとは違います。
海が本当に大好きで、船や水上バイクが大好き。。。そして、とても紳士的に海のマナーを守って、困った時には海の上ではお互いに助け合う・・・・という良識ある素晴らしい方々ばかりです。
もちろん海水浴場近くてジェットを暴走させるなんて言語道断!、他の船がいたら引き波を立てないようにキチンと徐行をする、そして決められた海のルールをしっかりと守って推進している人たちばかりです。

報道であった琵琶湖のライダーのように、ナンパ目的で水上バイクを使うどころか、水上バイクをとても大切に思い、海の遊びをするために普段仕事などを一生懸命頑張っている人たちです。
そんな私の周りのジェットライダーやSea Man達が、事故が起きないようにどれだけ色々な活動に取り組んでいるか?
また、残念ながら起きてしまった事故の検証をして、今後どうしたら海の事故を防げるか?、、、という主旨の報道をバンキシャ!にはしていただきたかったです(;_:)
MGマリーンさんは、先日は水上バイクのレスキュー講習会を開いていらっしゃって、参加したジェットライダーの方々も「知っておくとためになることばかり!」と、熱心に講習を受けていらっしゃいました。
また彼らは今年、江戸川水上スポーツ協会も立ち上げ、レスキュー講習会や江戸川ルール策定などの活動もしていらっしゃいます。

そんな海仲間の皆さんにとっては、昨日のバンキシャ!の報道は、とても残念だったようです。
昨日の放映は、良識ある業界の方々にはとても問題で、昨夜は放映後に夜遅くまで話し合った仲間たちもいらっしゃいました。。。
私も同じ海仲間として、とても残念です。


もし昨日のバンキシャ!をご覧になっていた方がいらっしゃいましたら、
あの琵琶湖で暴走していた常識のない水上バイクのライダー達は、ほんのごく一部であって、
マリンスポーツを楽しむ人たちの大部分は、キチンとした良識のある人だ
ということを是非ご理解いただきたいと思います。

フェラーリを持つ男性にだって『本当にフェラーリが好きだから乗る』人もいれば、『女にモテたいから乗る』など、様々な種類のオーナーがいます。
それと同じように、水上バイクにもそんな色々なオーナーがいるのだということです。
お金さえあれば、水上バイクだってクルーザーだって、フェラーリだって買えます。
でも「どんな人間が買ったか?」によってこれらの乗り物は、人を傷つける武器にもなれば、素晴らしい趣味を叶えてくれるモノにもなり得ます。
要は、乗っている人間の良識によって変わってしまうのです。

本当に海と水上バイクが好きで乗っている素晴らしい人たちを、『カッコつけてこれ見よがしに乗る』という迷惑ライダーと同じだと、どうか誤解しないで下さいね。。。m(_ _)m

MGマリーンの斉藤社長はじめ、全国で水上バイクや素晴らしいマリンスポーツを推進しているお仲間の皆さんは、日本のマリンスポーツの将来を本当に考えて活動しているのです。
私もマリンスポーツ愛好者として、少しでもそのお役に立てたら、、と思っています。

同じようにこのブログを読んで下さっている方々で「私も海は大好きです!」という方がいらっしゃいましたら、
『良識ある愛好者』としてのご意見や正論を、ぜひこちらにお願いします。
   ↓   ↓   ↓
『バンキシャ!』サイト内、“ご意見募集”コーナーへ。
(昨日のバンキシャ!は、水上バイク特集の前のコーナーの“格安航空チケット”の特集も見ましたが、
落とし所がいまいち分からず、他の番組と比べてちょっと中途半端な報道番組でした。。。苦笑~)


水上バイクやクルーザーは、ルールを守って楽しめば、大切な家族やパートナー、そして仲間たちと皆で
一生楽しめる、ステキなマリンスポーツなのです。
これからも私は大好きな海仲間の皆さんと、マリンスポーツの素晴らしさ、海の素晴らしさを推進して行きたいと思っています。


この場をお借りして、今日は私たち海好きな人間の意見を述べさせていただきました。
お読み下さって、本当にありがとうございます。。

d0090745_2052142.jpg

[PR]
by ochi_yumi | 2010-08-23 18:43 | お知らせ
<< 今日の格言~♪ 新しい本、書こうかな... >>


イメージコンサルタント    越智由美のブログ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
越智由美 OCHI YUMI
■PROFILE■
ナレーター、パーソナリティ等を経て米国留学後、米国イメージコンサルタント機関の日本代表に師事。 企業での講演・社員教育研修のほか、衣食住全てにかかわるイメージコントロールを手がけ、華道家 假屋崎省吾氏の写真集やスピリチュアル・カウンセラー江原啓之氏のDVDシリーズのビジュアルイメージコンサルティングはじめ著名人や政治家等多くのイメージコンサルティングを担当。
また最近は自身の経験を生かし、各種メンタリティセミナーや女性の自立支援、また充実した人生を送るためのライフスタイルイベントも行っている。
雑誌や新聞、インターネットでも幅広く活躍中。 
2009年6月『また会いたい!と思われるステキの秘密』をインフォレストより出版。 好評発売中☆
「YunnyPros Co.,Ltd」代表取締役。
バウ・リニューアル普及委員会代表。

★越智由美の講演&企業社員研修のご依頼はこちら。

★越智由美 著書『また会いたい!と思われるステキの秘密』(インフォレスト)


■お気に入りサイト■

エッセイスト山崎拓巳さんブログ
星野リゾートヴィラ・デル・ソル熱海 Official Website
ジェットスキーライセンス、船舶免許の草分け!『MGマリーン』Website
大人の空間『白金倶楽部』Website



フルーツメール
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧